合気道錬身会鍋島道場 世界に誇る日本の伝統武道「合気道」 一般部(中学生以上)

合気道錬身会鍋島道場

HOME > 一般部(中学生以上)

バナーのタイトル

◆合気道を習う動機や目的は さまざま

中学生以上の一般部は、『部活動の代わりに』『ダイエットやシェイプアップに』『運動不足の解消に』『武道をやりたくて』『袴姿に憧れて』『喧嘩に負けない強い人になりたくて』など、様々な動機をもった人が入門しています。 汗を流す運動ですから、コツコツ続けてさえいれば体力がつき、ダイエットやシェイプアップになることは言うまでもありません。
でも、一番の変化は「心」かもしれません。自分に自信がつき、笑顔が増え、人と比較して優劣ばかりにこだわっていた自分から解放されます。そして気が付くと、道場にはかけがえのない素晴らしい仲間がいるのです。

合気道の稽古の内容  ●佐賀市の本格派合気道道場 鍋島道場●

◆準備運動と受け身

最初は入念な準備運動です。自分の持っている力を最大限に生かすことが目的の合気道は、筋肉を鍛えることは多くありません。
それから、投げられたり抑えられたりしたときにケガをしないよう、受け身の練習も大切です。

◆基本動作

合気道の動きは、日常生活で自然と身につくものではありません。最初は「不自然」に感じるものばかりですが、その不自然さから解放され身につくまで地道な稽古が必要です。この基本稽古を怠り、派手な投げ技ばかりをしていると武道ではなく、「見せるための演舞」になってしまいます。合気道錬身会は、合気道のすべての技に必要な動きを6つの基本動作に集約されており、ブレることがありません。合気道錬身会鍋島道場が地方にあっても本格派道場とされる秘訣が、この忠実な基本動作の稽古にあるといっても過言ではありません。

◆基本技

合気道の技は種類も多いうえ、さらに利き手に関わりなく、左右対称の二つの技を行います。自然と、バランスのとれた体や姿勢が作られていきます。大きく分けて、立って行う技と正座した状態で行う技があります。

◆応用技

基本技は動作を一つ一つ止めて行いますが、応用技は流れのなかでの稽古です。剣や短刀、杖なども使うこもともあります。

◆自由技

あらかじめパターンを決めて、相手が続けざまに攻撃してきたときの対応を稽古します。この稽古で、実戦的な雰囲気と動きを体得していきます。慣れてくると、多人数の相手に行います。

◆応用稽古

抵抗してふんばる相手を崩したり、窮地に追い込まれた状況から相手を制して抑えるなど、難易度の高い稽古です。

◆合気道の段位について

≪受験資格規定≫

段級位 受験資格
10-9級 構え、基本動作を正しく実施できる者
8-6級 構え、基本動作、指定の基本技法を正しく実施できる者
5-4級 構え、基本動作相対、指定の基本技法を正しく実施できる者
3-1級 指定の基本技法を正しく実施でき、一応の応用能力のある者
初段 1級取得後3ヶ月以上経過し、指定の基本技法を修得し、相当の威力を発揮できる者
弐段 初段取得後1年以上経過し、基本技法に習熟し、相当の応用能力を体得した者
参段 弐段取得後2年以上経過し、技術に習熟し、相当の応用能力と指導能力を備えた者
四段 参段取得後3年以上経過し、技術に練熟し、相当の応用能力と指導能力を備えた者
五段 四段取得後4年以上経過し、技術に熟達し、充分な応用能力と指導能力を備えた者
六段 五段取得後5年以上経過し、技術に熟達し、充分な応用能力と指導能力を備え、指導を行っている者(実技審査のほか、合気道観、理念、倫理観などに関する論文を提出)
七段 六段取得後6年以上経過し、技術に熟達し、充分な応用能力と指導能力を備え、指導を行っている者
八段以上 七段取得後7年以上経過し、技術に熟達し、充分な応用能力と指導能力を備え、指導を行っている者

すぐに問い合わせる  もう少し詳しく知りたい

無料体験の案内

新着情報

サイドContents

コラム&ニュースレター

運営組織と社会的責任の表記

このWEBサイトの評価